« MPA会議です。 | トップページ | 菊田議員と鷲尾議員 »

減価償却制度の見直しについて・・

Q・平成19年度の税制改正において、減価償却の方法が大きく変わりましたが、どのように変わったのですか?
A・償却可能限度額(取得原価の95%)が無くなり、1円まで減価償却費を計上することができるようになります。

Photo
①19年3月31日以前に取得した資産
償却可能限度額(取得価額の95%)まで償却した事業年度等の翌事業年度以降5年で、均等償却。
→償却率、償却方法は従来どおり、5%まで償却して、5年で均等償却。
②19年4月1日以降取得した資産
定額法 1÷耐用年数で、1円まで償却
新定率法 イ:定額法の償却率に2.5倍した数で償却
例:10年の場合、1÷10×2.5=25%
ロ:定率法の償却額が法定耐用年数から経過年数を控除した期間内における定額法を下回る時点で定額法に切り替える。
→14年の場合10年目から、均等償却になる。

« MPA会議です。 | トップページ | 菊田議員と鷲尾議員 »

ビジネス・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58944/13845979

この記事へのトラックバック一覧です: 減価償却制度の見直しについて・・:

« MPA会議です。 | トップページ | 菊田議員と鷲尾議員 »