「新潟国際ビジネスメッセ2013」出展のお知らせ

10月24日(木)、25日(金)の二日間、
新潟市産業振興センターにて開催されます
『新潟国際ビジネスメッセ2013』に出展いたします。

『新潟国際ビジネスメッセ2013』は、県内外より約100社が集まる、
新潟県下最大級の産業見本市。

当法人の出展ブースでは、MP(マーケティング・プランナー)講座を
はじめとした各種セミナーのご案内のほか、
経営改善計画策定支援事業等の個別相談を承っております。

また、先日発刊いたしました新刊『増販増客実例集vol.11 2014年版』も
ご覧いただけます。

お時間ございましたら、ぜひお気軽にお足をお運びくださいませ。

小間番号【C-7】でお待ちしております。


【新潟国ビジネスメッセ 開催概要】
 会期: 2013年10月24日(木)、25日(金)
      AM10:00 ~ PM4:00
 会場: 新潟市産業振興センター(新潟市中央区鐘木185-10)
 主催: 新潟国際ビジネスメッセ実行委員会

 詳細はこちら
⇒http://www.messe-niigata.jp

Leaflet_01


Leaflet_02

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本政策金融公庫説明会

 日本政策金融公庫では、3月11日付けで、この度の平成23年東北地方太平洋沖地震災害に伴う

災害により被害を受けた中小企業等の皆様を対象とした「災害貸付」や「セーフティネット(経営環境変化

資金)」を取り扱っております。 (※日本公庫は100%政府出資の政策金融機関です。)

下記の皆様にはぜひ知っていただきたい内容です。

***対象者***

【セーフティネット貸付(経営環境変化資金)】
風評被害や計画停電、原子力発電所の事故等により被害を受けられた方

○社会的な要因(地震、津波災害)による一時的な業況悪化により資金繰りに著しい支障を来していること
  又は来すおそれがあり、かつ中期的にみて、業況が回復し、かつ発展する事が見込まれる方等

【災害貸付】
平成23年東北地方太平洋沖地震により被害を受けた方で次のいずれかに該当する方

① 事業所または主要な事業用資産について、全壊、流出、半壊、床上浸水その他これらに順ずる損害を
  受けた旨の証明を市町村等から受けた方

② ①以外の方で、販売先又は仕入先が直接被害を受けた事が原因で、売上の減少、売掛金の固定化
  等、間接的に災害の被害を受けた方


***資金のお使いみち***
セーフティネット
○企業維持上緊急に必要となる設備資金及び経営基盤の強化を図るために必要な運転資金

災害貸付
○被災によって生じた損害を復旧するために必要な設備資金および運転資金


***ご融資限度額***

セーフティネット
○4,800万円

災害貸付
○各融資制度ごとの融資限度額に1災害につき3000万円を加えた額

Safety1_on_4


***中小企業会計関連融資制度***

○「中小企業の会計」の適用者であれば、一般貸付又は特別貸付のどの制度を利用しても、各融資制度の
  適用利率から0.2%低減します。

  (例)基準利率 2.25% ~ -0.2% = 2.05%
     特別利率 1.35% ~ -0.2% = 1.15%

***セーフティネット貸付***
次に該当する場合は、貸付日から3年間に限り利率を低減します。 3年後は基準利率となります。

Ⅰ.雇用の維持又は拡大を図る場合
    
     基準利率2.25% ~ -0.2 =2.05%

    
Ⅱ.次のいずれかに該当する場合
  ①最近3ヶ月の売上高、売上総利益率又は、売上高営業利益率が前年に比して20%以上減少して
    いる場合。
  ②最近1ヶ月の売上高、売上総利益率又は、売上営業利益率が前年同期に比して20%以上減少
    しており、かつその後2ヶ月間を含む3ヶ月間の売上高、売上総利益率又は売上高営業利益が
    前年同期に比して20%以上減少する事が見込まれる場合。

     基準利率2.25% ~ -0.3 =1.95%

Ⅲ.Ⅰ及びⅡのいずれの要件も満たす場合

     基準利率2.25% ~ -0.5 =1.75%

 
日時    : 2011年06月22日(午後15時~18時迄)
開催場所 :県央ランドマーク・セミナーホール
住所     :新潟県燕市南7丁目17番9-1号
参加費   :無料
定員    :20人(先着順)
主催     :つばさ税理士法人/山田 眞一

Btn_entry

| コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして、タカハシです。


こんにちは、増販情報センター新潟の高橋です。

増販情報センター新潟で、お仕事をさせていただいて、

1年になります。

タカハシも、ブログを書かせていただきます。

山田先生からの情報発信同様に

どうぞ、よろしくお願いいたします。

**************************

昨日は、マーケティングセミナーの
「クロスSWOT分析」をやりました。
ご参加いただいた新潟会場の皆さん、ありがとうございます。
昨日のSWOT分析では、自分を、また、自分の店&会社について
書き出してもらい、客観的に見て、わかることで、
発想することまでを、やりました。

初めに、自分の店&会社のいいところを書き出してもらうのです。
しかし、参加者のみなさんに言われるのですが、
「紙を前にすると、毎日の営業とは違い、
思いがつかないまま、頭の中がいっぱいになる」
のだそうです。
お客様を目の前にすると、その人のために
必要なアドバイスは、どんどん、思い浮かび、会話もできるのですが・・・・
自分の店のいいところは、顧客や見込み客に伝わると
ブランドになっていきます。
SWOT分析で、書き出し方を理解することで、
自分の店&会社の良さ、商品が
ブランドとなって伝わります。
書き出し方を理解すると、意外と「ナルホドネー!」と、
思いつくものです。
すごいのは、この「ナルホドネー」の思いつきは、
実行に移す確率が格段に上がることです。
今日の夜は、柏崎会場です。

1


| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟国際ビジネスメッセ2008開幕!

11月6日、7日。新潟振興センターで恒例の新潟国際ビジネスメッセ2008が開催されました。画像は交流会で挨拶をする篠田新潟市長です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

鼎泰豊(ディンタイフォン)で飲茶ディナー

台湾で行列の出来る料理店といえばココ!本当にどの店もびっくりするくらいの行列です。

それもそのはず、鼎泰豊の飲茶ディナーは本当に格別! 小籠包の他にも、スープ、各種餃子、チャーハン、漬け物、台湾小皿料理なども出ます。ニューヨークタイムズ紙等により世界10大レストランの一つとして取り上げられたとのこと。

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟県のブースです。

おなじみのにいがた産業創造機構(NICO)のブースです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

台湾国際ギフトショーに参加!

10月23日から26日まで、台湾最大級の国際見本市。三条商工会議所青年部、地域ブランド創造委員会メンバーを中心に出展してきました。会場は、台北の国際展示場。です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

経営承継セミナー開催のご案内(TKC経営革新セミナー)

1
2


いつかは必ず訪れる「経営承継問題」
企業の存続>発展のためにやるべきことがわかります!!

TKC経営革新セミナー~経営承継早わかり解説セミナー開催のご案内】

★開催概要
■日時 10月7日 火曜日 14時から17時まで(180分)
■会場 燕三条ワシントンホテル (JR燕三条駅から徒歩5分)
燕市井土巻3-65 tel)0256-66-1111
■参加費 3,000円
■予定内容
   第1部 上手な経営承継の進め方
   第2部 会社の経営承継ストーリー~置いていく先代と受ける後継者~
■講師 第1部企画塾認定MPA 税理士山田眞一
     第2部 経営コンサルタント棚橋隆司氏
■定員 50名
■お申込
  申込用紙をダウンロードして、FAX(0256-64-2964) 「081007_.pdf」をダウンロード 
  または、メール(yaa@yaa.co.jp)でお申し込みください。
■主催 山田税務会計事務所
■協力 (株)TKC TKC全国会

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟の税理士の山田です。(講師紹介)

10月7日TKC経営革新セミナー
経営承継早わかり解説セミナー 
●主催者/講師
山田 眞一 (やまだ しんいち)
税理士/ファイナンシャルプランナー
山田税務会計事務所 副所長 ㈱企画塾認定マスターオブプランニングアドバイザー(MPA) 増販情報センター新潟/ニイガタ・ブレイン・クラスター 代表
昭和37年新潟県燕市生まれ。明治大学商学部卒業。昭和62年東京都千代田区にある大規模会計事務所で日本一の相続税のスペシャリスト達を擁する株式会社レガシィーに入社。法人、個人の税務会計業務ばかりでなく資産家、経営者などの資産運用・管理業務 (ファイナンシャルプランナー) も広く手掛ける。その後、父親の経営する山田税務会計事務所に入社。
 90年代の不況に入ると、金融機関からの 「貸し渋り」 や 「貸しはがし」 に苦しんでいるという相談を受けることが目立ってきた。銀行から融資を得るには事業計画書が必要だといわれるケースが多く、顧客の事業計画づくりを手伝うために、独学でマーケティングを学び始めた。
 99年からは東京で開かれていた勉強会に参加。売上不振に悩む地元の中小企業、商店の売上アップを具体的に支援するため、 2003年 「増販情報センター (通称:JMIC ジェイミック) 」 を全国の会計人と一緒に立ち上げる。
 目指しているのは、顧客の税務からマーケティングまで総合的に相談・サポートできるコンサルティング。2008年には、新潟県を中心に活躍するプロフェッショナル集団、有限責任事業組合ニイガタ・ブレイン・クラスター(通称:NiBC ニビック)を結成。代表となる。 これらを生かし、新潟県のさらなる発展を目指す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律

中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律(平成20年法律第33号)とは?
平成20年10月1日より一部を除き施行される、中小企業における経営の承継を円滑に図るための法律。 代表者の死亡などに起因する経営の承継がその事業活動に影響を及ぼすことを考慮して、遺留分に関し民法の特例を定めるとともに、中小企業者が必要とする資金の供給円滑化等の支援措置を講ずる内容となっている。
特に注目されているのが、後継者における自社株相続時の80%減額、納税猶予制度。詳しくは、10月7日の当社セミナー(TKC経営革新セミナー)で・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧