二代目は、経理のプロになれ①~二代目の仕事

創業者と二代目では、会社経営に対する考え方、思いはまったく違う。それは当然だ。創業者は、その事業立ち上げの熱い思い、ベンチャースピリットがあり、また苦労もたくさんあった。一方2代目はそれがない。2代目の仕事って何だろう?父(先代)から事業を引継ぎ、発展継続させること。そのために何をすればいいのか?通常2代目は大学を出て、5年ぐらい修行してきて役員扱い。戻ってみるとさほど重大な仕事はない。理由は先代がまだまだ元気だからだ。古参の従業員、決まって経理にはお局様(笑)がいたりする。事業承継のためのはじめの大切な時間を対外活動(JCなど)に占めるようになる。自分が仕事をしていて、決算書が読めない2代目がなんと多いことか!2代目がまずやるべき仕事は、経理で会社の数字に強くなることだ。会社の現在位置を正確に把握しないで、事業発展などないからだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)